トップページ会社概要代理店募集熊野筆の歴史お問い合せ


赤ちゃん筆・胎毛筆

化粧筆・メイクブラシ

書道筆・毛筆

熊野筆 画筆

ネイルブラシ

メモリアルグッズ・手形足型等

楽天ショップ

Yahooショップ

スタッフブログ

熊野筆 北斗園 facebook 公式ファンページ

熊野筆


人口約26,000人、その内1,500人が筆司という筆づくりの技術者です。
認定試験に合格し、伝産法第24条8号により伝統工芸士に認定された、筆づくりの名人が17名います。

18世紀末(江戸時代末期)ごろ、平地の少ない熊野村では、農業だけでは生活が苦しいため、農閑期を利用して、奈良地方から筆や墨を仕入れ、それを売りさ ばいていたことが、きっかけとなり、筆と熊野の結びつきが生まれました。
今から約170年前になると、広島藩の工芸の推奨により、全国に筆、墨の販売 先が広がり、本格的に筆づくりの技術習得を目指すことになりました。
その先駆者となったのが、当時筆づくりが進んでいた、奈良や兵庫県:有馬に派 遣されたり、地元に招いた筆づくり職人に、技術を習った若い村人達でした。
その後、村民の熱意と努力により筆づくりの技が根づき、明治5年に学校制度が でき、33年には義務教育が4年間になるなど、学校教育の中で筆が使われるよ うになり、生産量が大きく増加しました。
第2次世界大戦後、習字教育の廃止により毛筆の生産量が落ち込んだ時期もありましたが、昭和30年頃からは画筆や化粧筆の生産も始まり、昭和50年には広島県で始めて通商産業大臣により伝統的工芸品に指定を受けました。
現在では、毛筆、画筆、化粧筆のいずれも全国生産の80%以上を占めるまでに発展しています。このように、熊野の筆づくりは、今もなお親から子供へ子供から孫へと引き継がれています。



書道筆(熊野筆)

極上逸品細微光鋒